2017年3月20日月曜日

批判やダメ出しを受け取らないという選択


皆さんの
長所や短所はなんですか?

こう伺うと
つい 短所の方を
多くあげてしまう方が多いのですが

よ~く考えてみると
長所は短所にもなり
短所は長所にもなりえること
少なくないですよね

実は私がそう
長所も短所もほぼ同じところで
『吸収力のあるところ』
だと 思っています

人の話を聞いても
本を読んでも
映画を観ても
「そんな考え方があったのね」
「こんなやり方もあったんだ!」と 
自分の役に立てようとする

ただ 同様に

必要以上の批判や
偏った感情の入り混じった
ダメ出しも
「そうですか・そうですよね」と
素直に吸収する

それが
自分を落ち込ませてしまう
原因になることも……


***


だから

今は 

吸収する前に
向けられた言葉たちを
少し離れたところに
並べてみることにしているのです

そして 

自分に問いかける
「これって私に必要?」
「あってる?」と

多少厳しくても
ありがとうと手を伸ばして
受け取った方がいい言葉もあれば

私が前を向くためには
「この人から向けられる
どの言葉も受け取らない」と
背中を向ける必要がある場合も

どちらも
自由に選ぶことはできるから

あの人に傷つけられた
……なんて思わなくていい

自分自身で
選べばいいのです

一つしかないよりも
選ぶことができるって
ちょっと気持ちが軽くなる

IKEAで買った
馬模様のコースター

今日はどの色にしようかな♫

*********************************

4月2日(日) 講座を開催します
テーマは 『物事をプラスに考えるには』
時間:AM10時~12時
受講料:4000円
募集人数:残席2名様
場所:JR南浦和駅徒歩7分(参加される方に直接お伝えいただきます)
お申込み先:m_wakachin8@yahoo.co.jp(注:mの後はアンダーバーです)
※必ずお名前、年齢、ご住所(市区町村まででOK)、お電話番号、
  過去に出席された場合は明記して、メールにてお申し込みください。
  折り返しご連絡いたします。
※パソコンからのメール受信拒否にしている方は、設定解除をお願いします。
※直前のキャンセルはご遠慮下さい。
 
*********************************
 
4月4日(火) 『アドラー心理学 ELM 勇気づけ勉強会(1回目~全3回コース~)』
を開催します。2回目:4月19日(水) 3回目:5月12日(金)
残席 0

こちらの会は満席になりました。
参加をご希望の方は、件名を『アドラー参加希望』とし、
『希望日』、『その他必要事項』をご記入いただき、
以下のメールアドレスに、ご連絡をお願いいたします。
お申込み先:m_wakachin8@yahoo.co.jp(注:mの後はアンダーバーです)

時間:各回 AM10時~PM1時
(人数により、少し早めに終わる場合もございます)
受講料:23000円(3回分)
場所:JR南浦和駅徒歩7分(参加される方に直接お伝えいただきます)

※必ずお名前、年齢、ご住所(市区町村まででOK)、お電話番号、
  過去に出席された場合は明記して、メールにてお申し込みください。
  折り返しご連絡いたします。
※パソコンからのメール受信拒否にしている方は、設定解除をお願いします。
※直前のキャンセルはご遠慮下さい。
 
*アドラー心理学【全3回】ELM勇気づけ勉強会~
~勇気づけとは、困難を克服する活力(勇気)を与えること~
  私開催の勉強会は、何よりも“ご自分でご自分を勇気づける力”
身に付けることを目的としています。自分の最大の味方は
自分だからこそ、自分自身への勇気づけを学びましょう。
 
結果、周囲(子ども・夫・お身内・職場の仲間等)にも
勇気づけができるようになり、その方法や考え方を、
伝えることができるようになると感じています。
 どんなに辛い状況からでも、今この瞬間から、前向きな気持ちを、
 自分で創ることが可能なのです。アドラー心理学の考え方を知ることで、
 ご自身や周囲の方たちに、今以上のHappyが広がるはずです。
 
 参加者様のお声から、子育て中の方は、今より気持ちを軽くして、
 子育てに向き合えると感じています。私もその一人です♡
 
 /こちらを学んだあと、リーダー養成講座に1日通われますと、
あなたも若松と同じELMリーダーになり、多くの方に伝えることが
可能になります。リーダー資格取得につながる講座です。
 
1章 様々な見方・考え方の存在を意識する
2章 聞き上手になろう
3章 言い方を工夫しよう
4章 感情と上手につきあう
5章 自分のスタイルを明確にする
6章 セルフ・トークを意識する
7章 目的を意識する
8章 自分の人生を引き受ける
9章 自分の良さを再発見する
10章 当たり前の価値を再確認する
11章 物事を前向きに考える
12章 勇気づけをする
 
130分。第1回(1~4章)第2回(5~8章)第3回(9~12章)
ワークを中心に、体験を通して学ぶ講座になります。
 
*********************************


ESSE online

3月22日
慌ただしい朝食作りは
「お弁当の取り分け」と「前日スープのとりわけで時短」

3月4日
洗濯機の「スキマ洗い」で部屋のきれいをキープ!

2月20日
お弁当に便利なカトラリーケースのつくり方!
余った布とボタンでできます

2月12日
取っておいたボタンの再利用法あれこれ。
探す手間も省けるよ!



~講座受講後にいただいたお声~
若松さんの講座を受けてから、前回同様何かエネルギーを
頂いたようで、波はあっても前向きに進もうとする自分がいます。
嬉しいです!若松さんから頂いたアドバイス
「一番最初に思った素直な気持ちを伝える」を
呪文の様に自分に伝えています。それでも、時にイライラや
怒りの心が出てきます。その時は「どうしてなのか?」
自分を分析することにしました。そして、出来るだけ
いい言葉に置き換えると、自分もいい気持ちになることが分かる様に。
もう少し積み重ねて行きたいです!

~ビジョンスパイラルにいただいたお声~
カラーセラピー、ビジョンスパイラルセッション、ありがとうございました!
既に自分の気持ちの中にあった、ぼんやりとした答えを
若松さんのナイスアシストのおかげで引き出すことができ、
すがすがしい気分です。体も軽くなったようでした。
ありがとうございました。

人に「何かを教える仕事が好き」というのはわかっていたのですが、
いまいち自信が持てないでいました。人前で話す仕事なのに、
人前が苦手なのはなぜなんだろうと。人目を気にする性格、
人からよく思われたい自分が影響してるのか、と納得できました。
私ができることで「何かを教える仕事」に就き、手助けできればうれしいです。
好きな仕事をして、金銭的に余裕のある生活をしたいと、
堂々と認めることができました。

これからは『人脈を広げること』が私には必要とわかり、できるところから、
世界を広げていきます。若松さんと知り合えたことは大きな一歩です。
若松さんとざっくばらんにお話できたこと、いろいろ聞きたかったことを
知ることができて、いい時間を過ごせました。ありがとうございました。
洋服や靴、バッグ選びにも普段選ばない色を取り入れてみようと思います。

4月から新しい仕事もがんばります。若松さんのご活躍、楽しみにしています。
またお会いしましょう。ありがとうございました。

*****************************

こちらもビジョンスパイラル、ビジョンスパイラルセッション
お嬢様が参加者さま。そのお母様からいただいたお声です。

娘が終わってから電話をくれました。声が明るかったので、
楽しめたのがわかって、ほっとしました。
「美穂さんが話しやすかったから、よかった」って言ってました。
 
娘達には苦労かけちゃって、のびのびさせてやれなかった
時期があったので、これからは、のびのびと気持ちを自由に
生きていってほしいです。まだ、細かい話は聞けていないのですが、
楽しめたようだし、自分の考え方の癖もちょっと把握できたみたいです。
次回もお約束させていただいたようなので、よろしくお願いします。





https://esse-online.jp/49808

2 件のコメント:

  1. 美穂さん

    そうですよね。
    わたしの長所は聞く耳があるということだと
    思っています。
    どんなこともひとまず聞いてみよう・・・です。
    でも逆に言うと
    自分の本心が何だったのかわからなくなりやすく、
    迷子になります。
    そんなわたしにアドバイスをしてくださった方がいて
    「どの言葉が自分に勇気をくれた?」
    「どの言葉が自分を前向きにしてくれた?」
    そっちを選んでいいんだよと言ってもらって楽になりました。
    勇気とか前向きとは
    すべてのことから逃げるということではなく
    向き合うことを選ぶということなんですよね。
    自分には限界があるということを認め、
    それは恥じるようなことでもないとわかると
    すごく生きやすいですよね。

    返信削除
  2. ゆるりんりんさん

    迷子になる……すごくわかります。
    私も時々、ウロウロする感じが(^^ゞ

    おっしゃる通り、どの向きに進むかを
    自分で選んでいいと思うと、気が楽になりますね。

    若松 美穂

    返信削除