2018年8月1日水曜日

子どもには子どもなりの理論がある


子どもって

案外
本質を突くことを言ったり

大人が気がつかないことを
教えてくれたりしませんか?

私自身も
何度か
それを経験しましたし

今でも
「そっか」
「なるほど」と
思うことがあります

例えば

お友だちと
仲良くしない(できない)理由

学校では
『誰とでも仲良く』

簡単に言いますが

子どもの言い分を聞くと
「そうか」と理解できたり
「それなら
無理をしなくても……」
と 
思うこともある

~握手で仲直り~という
先生の仲直りのさせ方に

『あれは大人が納得しただけで
私たちは仲直りなんてしていない』と
言った子もいましたし

「今 起こっているトラブルは
大人(親)が
問題を大きくしているだけで
子ども同士は問題ないのにな」
と 
戸惑う姿も見られました

不登校や拒食症

その他
病名のついたもの
一つひとつをとっても

大人が問題として目を向けていることと
子どもの視点が
大きく異なっていることも
少なくない

子どもの話を聴くとき
「その子にはその子の理論がある」
と思い
耳を傾ける

・あなたはどう思うの?
・どう感じるの?
・そうした理由は?
・何に迷っているの?
・わからないから教えて

そんな感じで

まずは
こちらの判断を加えず

ただ 聴いてみると
違った見方・感じ方ができることも
あるかもしれません

大阪の友人からいただいた
かっわいいお菓子
缶たちは
仕事道具入れにしたりして♡

震災で故郷を離れた母に伝えた「あなたが必要」「あなたがいてこそ」



*日にちを増やし緊急募集* 

~交流分析~(講座) 
       私ってどんな人?自分を知るチャンス!~

私たちの中には、『父・母・大人・自由な子ども・気遣いのできる子ども』
5人が常に住んでいて、その時々、5人がバランスを取ったり、崩したりしながら
日々を過ごしていると言われています。性格判断とは異なりますが、
自分がどのような状態にいることが多いのかを知ることで、今後の過ごし方
考え方を変えるチャンスがうまれます。ご家族との付き合い方や、
職場の人間関係・ママ友とのつきあい方にも役に立つ講座です。

私は、一番初めにこの講座を自分が受けたとき、過保護で過干渉、自由奔放、
客観的な大人の意見が少ない(感情で物事を判断しがちな)自分を知ることが
できました。おかげで、修正点がわかり数年後には、なりたい自分に
近づくことができたのです。なりたい自分に近づく為の、第一歩となる講座です。
開催日 :8月12日・8月17日 満席
時間  :10時半~1時
参加費 :5500円 
場所  :JR南浦和駅徒歩7分(お申し込みいただいた方にお知らせします)
お申し込み先:m_wakachin8@yahoo.co.jp 
          (注:mの後はアンダーバーです)
※ お名前、ご年齢、ご住所(市区町村まででOK)、お電話番号、
     過去にお茶会や講座に出席された場合は明記し、メールにて
  上のアドレスにお申し込みください。折り返しご連絡いたします。
※パソコンからのメール受信拒否にしている方は、設定解除をお願いします。
※直前のキャンセルはご遠慮いただきますよう、お願いいたします。

~納涼会~ 
今回の納涼会は、いつものお茶会とは異なり、初めの1時間は若松がお話します。
(20代~60代の方まで多くの方のお話やお悩みを伺い、気がついたこと、
今後役立てたいことなどなど)その後感想を伺いつつ、みなさんでお話タイム。
それぞれご自分用のお酒やお飲み物(+お菓子等一品)をお持ちより下さい。
開催日 :8月17日(金満席
時間  :1時半~4時ころ(早めの帰宅も可)
参加費 :2000円 (交流分析から続けて参加の方は1000円に割引)
場所  :JR南浦和駅徒歩7分(お申し込みいただいた方にお知らせします)
お申し込み先:m_wakachin8@yahoo.co.jp 
          (注:mの後はアンダーバーです)
※ お名前、ご年齢、ご住所(市区町村まででOK)、お電話番号、
     過去にお茶会や講座に出席された場合は明記し、メールにて
  上のアドレスにお申し込みください。折り返しご連絡いたします。
※パソコンからのメール受信拒否にしている方は、設定解除をお願いします。
※直前のキャンセルはご遠慮いただきますよう、お願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





2 件のコメント:

  1. そうなんですよね、本当に。

    私は10年くらい子育てしてから、ようやくパートになり、、。ずーっと、子供といると、所有物のように思ってしまったり、、。
    行動の一つ一つが私のせい?とか思ってしまったり。。
    でも、少し離れて距離をもつと、気が付かないところで悩んでいたり、気がついてほしいみたいな?

    距離のとりかたほんと難しいです。ほっとけたら、どんなに楽だろうと思う時もあります。

    返信削除
  2. 匿名さん

    私は距離の取り方も、学んでやっと、
    「あぁ そういうことね」、
    『そういう理由で距離って必要なんだ』、
    「そうすればいいんだ」と、
    わかりやすくなりました。行動にも移しやすいです。

    若松 美穂

    返信削除