2020年2月5日水曜日

生きづらさの理由



自分の人生を生きていないと
人は生きづらい

あちこちで伺う話です

その他に

生きづらさを
感じている方に
見当たる共通点が二つ
(あくまでも
私が感じる共通点です)

①批判力が強すぎる

『批判力』も
時には大切なこと

・会社やチーム
 自分を成長させるため

・今 手掛けている
 「事」を成功させるために

より良く……を求める時には
必要な場合もあることでしょう

ただ
日常生活で
活発化しすぎると

学校が 友人が 世間が
あの人が この人が
この店が 対応が
言い方が 表示が……と
文句とストレスの
オンパレードになることも

ある意味
自分自身で
不平不満や
気持ちがマイナスに向く要素を
生み出しているとも言える

善・悪 
正しい・間違っている
良い・悪い
正解・不正解ばかりを求めると
批判力は強くなるように
感じるのです

②自分のこととして
 受け取らない

例えば
参考になる話や考え方を聴いた時に

「そう うちの主人がそうなの」
『うちの子がね』
「それって あの人のことでしょ」

ん~ 
ところで
自分はどうだろう?

あなたのことを
一番に考えてあげられるのは
あなたなのです

他の人のことは
その人自身が
考えればいいことだから

まずは 
自分にあてはめて
振り返ってみると

考えるきっかけにしてみると
ご自身にとって
役に立つことが
たくさんあるのかもしれません



ブログを書きながら
いただいているのは
MARIAGES FRÈRES

『MONTAGNE D'OR』
~お知らせ~

2020年2月から
「てのひらの幸せ」は
毎月5日・20日前後の
月2回更新に変更になります

また 
ブログ・講座の告知や募集
皆様からいただくお声は
ご覧下さいませ


2 件のコメント:

  1. ごぶさたしています。お変わりありませんか?
    最近、美穂さんとお会いしたくて仕方ないのです。子どもの入園入学の準備でそれどころではないのですが、そんなときだからこそ、お会いして落ち着きたいのかも(笑)

    生きづらさの理由、少しわかる気がします。しかも自分のとった行動にもこれって良い?悪い?と考えてしまう…。面倒くさいと自分でも思ってしまいます。どうしたらいいのでしょうね。

    返信削除
  2. 匿名さん

    こんにちは。お子さんのご卒園、ご卒業、おめでとうございます。
    ママさんはと~ても忙しいですね。お疲れ様です。


    過去の私。良かれと思ってしても評価がついてこないこともあり、
    イマイチだよね~・ダメかな~と思っても、「そうでもない」
    と言われることもありました。

    だからこそ、最後は自分にとっての『良い』選択をすると
    後悔が少なくて済むのかなって思います(*^^*)
    ご自分を信じてみてください。応援しています。

    若松 美穂

    返信削除